還付請求を面倒になりましたが、サポートのおかげで諦めずに申請して母にプレゼントをすることができました


相続税申告実例

年内に申告をと頑張っておりましたが、とうとう師走。

インターネットでの利用にとても不安がありましたが、自分の場合はもうこちらの事務所様しか無さそう、他では料金的に全く納得できないのだからと覚悟をして、電話を掛けました。


HPには、ひと月あたりに引き受ける数は決まっておられるとのことでしたので、引き受けていただけるかを大変心配もいたしましたが、先生の引き受けていただけるとの声を聞きながら、よく考えれば無制限に引き受けられるわけはないし、こちらの先生なら安心していいなと思いました。


その後は相談慣れしてしまっても、小さなことでもしつこくお尋ねする私へ、いつも丁寧にメールでご指導いただけたことで、すっかり不安は払拭されました。

電話相談では、聞き忘れたり、メモに書きそびれたりがありましたが、メールは記録になり、ゆっくり読み返されるのでわかりやすく、とても為になりました。


扶養控除の訂正により、いくつも還付が生じたときには面倒な気持ちになり、還付請求を怯みそうになりましたが、事務所様がついていてくださったので、諦めずに生前は気の利いたプレゼントはしなかった父の最後のプレゼントを母に渡してあげることができました。


まだまだ不十分であった申告内容をつぶさに調べていただき、無事申告書類が仕上がって、控えをいただいたときには本当にありがたく思いました。勇気を出して電話をかけて本当に良かったと思います。当初は心配していた他の相続人も、今では便利になったんだねと喜んで満足してくれております。


メールをやりとりすることがもうないのかと思うと寂しいと感じるくらいに大変お世話になりました。本当に本当にありがとうございました。