相続相談事例|相続税の申告期限まで時間が無いが、どうしたらいいかわからない|円満相続

【ご相談内容】


相続税の申告期限まで時間が無い。あと2週間しかない。

財産はざっとしか分からない。

遺産分割は決まってないし決まる見込みもない。

どうしたらいいか、分からない。



【対応内容】


申告期限までに申告しないと「無申告加算税」という罰金が課されます。

金額は支払う相続税の5%です。


現状で分かっている財産だけで相続税を試算したところ、無申告加算税は数十万円になる事が分かりました。


そこで、まず、現状で分かっているもののみで申告・納税を行い、後日、正確な内容で修正申告を行うことを御提案しました。


ご理解頂きましたら、すぐに申告書作成に取り掛かりました。


相続人さま達には戸籍謄本の取得と納税資金確保をお願いしました。

相続人さま達のご協力を得て、申告期限までに提出し、納税も済ますことができました。


その後、遺産の全容を把握すべく残高証明書や取引履歴の取得を進めました。

遺産の全容が把握できたところで遺産分割協議を行って頂き、分割が決まりました。


遺産の全容の把握と遺産分割が決まった事で、修正申告を行いました。


当初は適用できなかった「小規模宅地の特例」を適用して相続税の還付を得ました。



●お客様の声も是非ご覧ください