相続相談事例|外貨建ての資産、生命保険金の遺産はどうしたらいいでした|円満相続

【ご相談内容】


外貨建ての資産、生命保険金がある。どう扱えば分からない。



【対応内容】


近年、外貨建ての資産をお持ちの方、生命保険金契約に加入される方が増えています。


お持ちの外貨建て資産は「財産評価基本通達」に則った評価方法で評価額を算定しました。


外貨建ての生命保険金は、外貨で受け取ることになりました。


こちらも「財産評価基本通達」に則って評価することで、正しく相続税申告を終えることができました。



※「財産評価基本通達」とは、国税庁が定めるもので、相続税を計算する上で財産、債務、葬式費用の評価額を算定する際の評価方法を定めたものです。相続税申告を行う際は「財産評価基本通達」に基づいて申告することが義務付けられています。



●お客様の声も是非ご覧ください